主な著作・著書

◆『祝電』~こんけんどうエッセイ集 第1集~(2021年11月 随筆春秋刊)

(管理人コメント)

「おとこ教室」「花嫁の逆襲」「妄想文学賞」「私の肉」「祝電」ほか収録。こんけんどう は近藤 健のペンネーム。家宝になります。面白い作品が目白押しです。カバーがリバーシブルになっています。写真は、近藤 健の故郷である北海道は様似の海。えりも岬もほど近い日高地方に育った作者の文学の芽は、ここで育まれました。都会育ちの作家にはない感性が、新鮮です。🧏‍♂️

祝電』contents

  • 「全力疾走のビリ」
  • 「平成生まれの子供たち」
  • 「書類のゆくえ」
  • 「おとこ教室」
  • 「名馬シンザンの孤独」
  • 「野辺の送り」
  • 「運転免許」
  • 「想い出のひとコマ」
  • 「京の寺」
  • 「ふるさとの恩恵」
  • 「左利き」
  • 「本探し」
  • 「仙台出張」
  • 「ディズニーランドのスズメ」
  • 「草の庭」
  • 「想い出の値段」
  • 「花嫁の逆襲」
  • 「明日香風に吹かれて」
  • 「オヤジの憂鬱」
  • 「恥ずかしいと思うこと」
  • 「清流の宝石」
  • 「従兄」
  • 「言葉さがし」
  • 「神戸の地震」
  • 「妄想文学賞」
  • 「作文」
  • 「バリウム」
  • 「漢字は難しい」
  • 「母の上京」
  • 「私の肉」
  • 「野球」
  • 「思わぬ涙」
  • 「祝電」

◆こんけんどうエッセイ集  今後の出版予定

(随筆春秋刊)

  • 第2集『風船の女の子』
  • 第3集『昆布干しの夏』
  • 第4集『介錯人の末裔』
  • 第5集『増穂の小貝』
  • 第6集『妻の生還』
  • 第7集『G』
  • 第8集『警視総監賞』
  • 第9集『牛乳瓶の音』
  • 第10集『雪の匂い』
  • 第11集『松崎さんの小便』
  • 第12集『ご先祖様のご指名』

◆『肥後藩参百石 米良家 ―堀部弥兵衛の介錯人米良市右衛門とその族譜―』(2013年6月 花乱社刊)

花乱社『米良家』紹介ページ ↓

http://karansha.com/merake.html


『ベスト・エッセイ集』(日本エッセイストクラブ編 文藝春秋刊)収録作品

CLICK!

  • 「警視総監賞」 『2005年版ベスト・エッセイ集 ―片手の音―』2005年 8月
  • 「昆布干しの夏」『2006年版ベスト・エッセイ集 ―カマキリの雪予想―』2006年 8月
  • 「介錯人の末裔」『2008年版ベスト・エッセイ集 ―美女という災難―』2008年 8月
  • 「増穂の小貝」 『2009年版ベスト・エッセイ集 ―死ぬのによい日だ―』2009年 8月
  • 「風船の女の子」『2011年版ベスト・エッセイ集 ―人間はすごいな―』2011年 8月

室蘭民報掲載作品

  • 「警視総監賞」2011.12.3(朝刊)、12.10(朝刊)、12.17(朝刊)連載
  • 「G」2012.1.21(朝刊)、1.28(朝刊)連載
  • 「他生の縁」2013.04.06(夕刊)
  • 「停電の中で」2014.01.11(夕刊)
  • 「化石の時間」2014.04.05(夕刊)
  • 「雪山に果つ」2014.10.25(夕刊)
  • 「地球岬、そしてアイヌの思い」2015.05.23(夕刊)
  • 「追体験の旅」2016.01.09(夕刊)
  • 「ご先祖の墓を守る」2016.10.29(夕刊)
  • 「狐につままれる」2017.05.13(夕刊)
  • 「ギャグの功名」2017.09.02(夕刊)
  • 「島崎さんの小便」2018.01.20(夕刊)
  • 「北国の六月に思う」2018.06.30(夕刊)
  • 「田中クンのりんご」2018.12.08(夕刊)
  • 「ソメスサドルの小銭入れ」2019.09.28(夕刊)
  • 「テレサ」2020.03.14(夕刊)CLICK! 実際の紙面にLINK)
  • 「ハゲですが、なにか?」2020.08.01(夕刊)
  • 「ステーキの焼き方」2021.01.16(夕刊)
  • 「バースデーケーキ」2021.06.19(夕刊)
  • 「孤高の一本松 ― あんぽんたんの木」2021.11.20(夕刊)(←CLICK! こんけんどうのエッセイにLINK 


室蘭民報(←CLICK!